鳥取県 健康政策課の取り組み 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2012.09.25

鳥取県 健康政策課の取り組み


今年度、例年以上に猛威をふるった熱中症。
地域の方々を熱中症から守るために鳥取県健康政策課では、さまざまな工夫を凝らした熱中症予防の活動をして、今年度熱中症の被害を少しでも減らそうと取り組みました。

まず健康政策課のホームページを見た人たちに、少しでも熱中症への意識を高めてもらおうと熱中症の症状や予防方法などを掲載したページを設けました。

6月から9月にかけて「熱中症注意月間」とし、期間中は県民のみなさまに重点的に熱中症の予防啓発を行いました。
また、この期間の主な取り組みとして次のものがあります。

・鳥取地方気象台から高温注意情報が発表された日に、熱中症警報を発令。

・県政だより、とりネット、テレビ、
新聞等既存の広報媒体による啓発

・うちわ、リーフレット等啓発物の配布

・地域でのスポーツ大会等イベントにおいて、のぼりを貸与

のぼりやリーフレットなどの「涼太郎」は、
「とてもかわいい」と人気です。

またうちわでは、
裏面に「熱中症を防ぐ三つの心得」などが書いていることに加えて、
小さく持ち運びに便利なので高齢者の方を中心に配り、自宅に居る時や外出時に熱中症への意識を高めてほしいという思いがあります。

引き続き来年度もさまざまな取り組みを行いも使って取組を行い、県民の方々を熱中症から守るために活動をしていきたいです。


記事一覧に戻る