特定非営利活動法人 日本防災士会の取り組み 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2012.09.27

特定非営利活動法人 日本防災士会の取り組み


特定非営利活動法人日本防災士会では、会員相互の交流と親睦を図り、一人ひとりのスキルアップと地域防災力の向上をめざし、安全で安心な社会の実現のために活動しています。


特定非営利活動法人日本防災士会では「自助」「共助」の精神のもと、「声かけ」の力で熱中症を少しでも防ぎたいと考え、本プロジェクトと連携し、熱中症予防に取り組んでいます。


9月の防災週間に行われる合同訓練では水分補給や体調管理についての「声かけ」を行います。
特定非営利活動法人日本防災士会の全国の支部でもさまざまな熱中症予防の対策を行っています。

夏の暑い炎天下の中で行われる被災地のボランティア活動でも水分補給や塩分の摂取をするように呼びかけています。

活動を通して、どのように熱中症予防活動をしていくか、また、「声かけ」で熱中症を防ぐにはどうしたらいいかなどを悩むことが多々ありました。

しかし、このような熱中症予防の活動を通して、少しでも被害者を減らし、そして地域の防災力向上につなげていけたらと考えています。

以下の写真内容です。
日 時 : 平成24年9月1日(土)12:00〜15:00
場 所 : 江戸川河川敷緑地
活動内容 : 第33回九都県市合同防災訓練・千葉会場訓練
NPO法人千葉県防災士会(日本防災士会 千葉県支部)は、家屋の倒壊による
瓦礫の下敷きになった被災者の救出・救護要領の指導を行った。
訓練に当たり熱中症予防に配慮し、日陰等で適宜休憩をとるようにしている。


記事一覧に戻る