熱中症予防声かけ活動 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2023.08.03 行田市役所

熱中症予防声かけ活動


【期間】
2023年6月1日~9月30日

【取組内容】
・講座開催時や乳幼児健診、がん検診、各種相談事業において、熱中症予防のチラシ(県からきたもの、協定を締結している民間企業と共同で作成したもの)配布を行っている。
・市内小中学校全校に、教育現場で活用できる資材(熱中症対策啓発ポスターと校内放送用の音源CD)を配布。また、希望の学校には、授業用資材も提供している。
・市内の公共施設の他、郵便局や銀行、ドラックストアにも熱中症啓発ポスターの掲示に協力いただいた。
・企業からの熱中症対策サンプリング品であるユンケルゼリーや塩分チャージタブレットを市のスポーツ団体や水防訓練時に配布したり、市のイベントである田んぼアートでも配布した。また、個別には地域包括支援センターから高齢者宅へ訪問する際に高齢者へ配布している。
・民生委員や地域包括支援センターからも地域の高齢者へ熱中症に関するチラシを配布し、注意喚起を行っている。
・熱中症予防に関する出前講座でもチラシ、OS1を配布。
・熱中症やエコの観点から、ウォータースタンドを公共施設に数か所設置し、マイボトルでの水分補給を促した。

【工夫したポイント】
各年代に合わせた啓発チラシを用意し、チラシだけだとなかなか手に取ってもらえないことから、サンプル品と併せて熱中症に関するチラシを配布。様々なところで色々な媒体を提供いただけるのでとても助かります。皆で協力しながら日本全体で熱中症予防対策を行っているように感じます。

【SDGs達成につながるアクション】
・効率的なエアコンの使用方法をホームページやLINE、チラシ等で周知。(ゴール13)
・ウォータースタンドを公共施設に設置し、マイボトルでの水分補給を促した。(ゴール6、13)

【取組成果】
スポーツ団体は運動時に大量の汗をかき、水防訓練や田んぼアートは炎天下での作業なので熱中症予防グッズを配布すると大変喜ばれました。

【参考URL】
https://www.city.gyoda.lg.jp/soshiki/kenkouhukushibu/hoken_center/8344.html


記事一覧に戻る