実態調査 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2022.09.14 株式会社 エコ・プラン

実態調査


2022年6月7日 ~ 8月31日

【取組内容】
今年度初めての取り組みだが、熱中症になった人数、状況や環境をヒアリングすることで実態を知り、具体的な声掛けをしたいと思い、実施

対象:エンジニア 約170名(7拠点13部署)、協力会社376社
概要:実施期間の全営業日の夕方に、自社エンジニア、協力会社のエンジニアで熱中症になった人はいないかヒアリングを実施
ヒアリング内容:熱中症になった人の有無
熱中症になった人がいる場合:日付、現場の状況・環境、症状"
工夫したポイント "・毎年熱中症ゼロを目標に活動している中で、具体的な実態を把握できていなかったことを踏まえ、実施期間の全営業日、全拠点(7拠点13部署)にヒアリングを行った
・ヒアリングの際に熱中症対策の声掛けも行い、熱中症に対する危機感を持ってもらった
・協力会社のエンジニアの熱中症状況もヒアリングすることで、自社エンジニアが協力会社のエンジニアの熱中症状況を気に掛けることができた
・ヒアリング結果を自社エンジニア、協力会社へ配信するほけんだよりに記載し、メール、FAX、LINEにて今年度の熱中症の人数、状況や環境を共有した

【SDGs達成につながるアクション】
13:気候変動に具体的な対策を
年々気温が上昇する環境と共存するために、実際に熱中症になった状況・環境をヒアリングすることで具体的な声掛けができ、熱中症になる危険性があるという認識を持ってもらった

【取組成果】
・実施期間の営業日、59日間全拠点全部署へのヒアリングを実施
・実際に熱中症になった状況や環境を共有することで、どのような環境が熱中症になるのか想像してもらいやすくなった
・ほけんだよりに期間中のヒアリング結果を掲載し、メール、FAX、LINEにて配信した
・来年度は週に一度、熱中症になった人がいるのか、どのような状況で熱中症になったかなど、現状をメールや、社内で活用している連絡ツール、Teamsなどで配信を検討する


記事一覧に戻る