屋内(自宅内)で対策できる暑熱順化方法に関する普及啓蒙活動とその継続性を支持する具体的な方法のご提案 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2022.09.13 MADOショップ蟹江学戸店  戸谷硝子住建株式会社

屋内(自宅内)で対策できる暑熱順化方法に関する普及啓蒙活動とその継続性を支持する具体的な方法のご提案


2022年4月吉日 ~ 8月末日

【取組内容】
(1)猛暑時期に向けて、4月から暑熱順化のお声かけを実施しました。2021年5~9月における屋内の熱中症搬送ケースが全体の約40%(18,882名)占めており(※1)、外出行動制限に伴う身体活動(運動)量の減少が暑熱順化しにくくなることが予想されるため、より効果的に順応する方法を知る必要があります。最近では、運動直後の入浴が運動単独に比べて順応しやすいことから(※2,3,4)、運動と入浴の組み合わせが欧米で注目されています。注目すべきことに、この方法の最大利点は、暑熱下で運動する必要がなく、比較的少ない熱ストレスによる不快感を減らしながら気持ちよく運動できるうえに暑熱下運動よりも順応効果が大きいことです(※2,3,4)。これは、お湯に漬かる習慣のある日本人において馴染みのある行動であるため、1)取り組みやすく、2)継続しやすく、3)大人だけでなく子どもも参加しやすいなど、高い波及性、汎用性、継続性も備わっています。また、弊社が取り扱う入浴槽シンラ(TOTO社製)は、入浴効果を最大限に発揮するために肩からお湯を機械的に流して短時間で体温を上げることができる特色があります。つまり、シンラは、運動と入浴の組み合わせによる順応効果を後押ししてくれる可能性があります。そこで本取組では、入浴槽シンラを用いて、より効果的な暑熱順化に対する運動と入浴の組み合わせ方法を普及させることを訴求しました。

(2)日中の日差しによる室内温度の上昇をより小さく抑える「アウターシェード」の活用を弊社施工事例をYKKAPカタログに掲載され 幅広く伝達する事が出来ました。さらに日よけアウターシェード(YKKAP製品)と既存の窓の内側に新しく窓を取り付けた内窓「二重窓」の組み合わせをご提案しました。これまで、日差しが室内温度をより大きく上げる原因であることから、カーテン使用が推奨されてきました。一方、アウターシェードによる日射遮断効果は、カーテン使用よりも室温上昇を抑えるだけでなくエアコン使用量も約63%抑えたことから、地球温暖化対策に向けたSDGs効果の貢献に期待できると予想されます。また、単板窓ガラスから二重窓へ変更することで直射日光や遠赤外線による輻射熱を約40%程度まで大幅に抑えることができます。つまり、アウターシェードと二重窓の相乗効果が暑さ対策に対してより大きく貢献でき、(1)の活動をさらに継続しやすくすることができるのではないかと着目しました。そこで本取組では、アウターシェードと二重窓の活用による暑さ対策を訴求しました。


【工夫したポイント】
本取組における工夫したポイントは、以下の3点になります。
(1)運動と入浴の組み合わせ効果が暑さ対策に有効であること、さらに入浴槽シンラの特色があまり知られていないため、マンションや戸建のお住まいの方を対象に、配布チラシ30,000枚の配布とDM600件の個別訪問、さらに食料品売場や駅など多くの人が集まりやすい場所でチラシ掲載による普及活動を早期タイミング(4月1日~)で実施
(2)弊社店舗案内板やホームページやインスタグラム、YouTubeへ掲示、さらに 環境省の熱中症アラートや涼太郎の声かけスタンプ等をスタッフや知り合いにライン一斉メール
(3)冷房エアコンの適性温度を目視して、理想とする快適な部屋温度を知り行動できる商品も配布したこと

【SDGs達成につながるアクション】
本取組では、入浴に使用される水道水量やエアコン電気使用量を抑制できるなど経済的な面から地球温暖化の進行予防にもつながるご提案を行いました。
SDGs ⑥ ⑦ ⑬

【取組成果】
本取組成果は、昨年に比べて、浴槽取り換えに関するお問い合わせが昨年度に比べて1.5倍、アウターシェードでは2倍、二重窓では2倍に増えました。これは、本取組内容について関心があり、効果的な暑さ対策を知りたいことから生じた可能性があります。また、エアコンを稼働しても冷涼効果が現れにくい「西部屋」に二重窓を設置されたお客様から二重窓を設置してよかったとご満悦の姿を得ることができました。

【参考URL】
1) 総務省消防庁、熱中症による救急搬送人員に関するデータ こちら
2) McIntyre RD et al. A comparison of heat acclimation by post-exercise hot water immersion and exercise in the heat. J Sci Med Sport. 2021 Aug;24(8):729-734.
3) Zurawlew MJ et al. Post-exercise Hot Water Immersion Elicits Heat Acclimation Adaptations in Endurance Trained and Recreationally Active Individuals. Front Physiol. 2018 Dec 18;9:1824
4) Zurawlew MJ et al. Post-exercise Hot Water Immersion Elicits Heat Acclimation Adaptations That Are Retained for at Least Two Weeks. Front Physiol. 2019 Aug 28;10:1080.
5) Khare S et al. Heat protection behaviour in the UK: results of an online survey after the 2013 heatwave. BMC Public Health. 2015 Sep 10;15:878."


記事一覧に戻る