涼みの駅PRとメディアを活用した熱中症予防啓発 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2022.09.12 周南市

涼みの駅PRとメディアを活用した熱中症予防啓発


2022年7月1日 ~ 9月30日

【取組内容】
平成25年度から、外出中の市民がひと涼みできるための「涼みの駅」を開設しています。「涼みの駅」の登録施設数は175か所で、市内の薬局、郵便局、市民センターなどです。熱中症予防のチラシやうちわ、塩飴、冷却ジェルシート(市内薬剤師会提供)などを、「涼みの駅」を通して配布しています。また、熱中症予防の啓発では、市広報、市ホームページ、しゅうなんメールサービス、データ放送などを活用して、広く周知をしました。

【工夫したポイント】
・「涼みの駅」の登録施設に、「涼みの駅」のポスターやのぼり旗、熱中症予防に関するポスターを掲示し、市民の方々に周知を実施しました。
・市広報、市ホームページ、Twitter、文字放送やデジタルサイネージに加え、今年からテレビのデータ放送を活用した周知を実施することで、より広く熱中症予防の啓発をすることができました。

【SDGs達成につながるアクション】
しゅうなんメールサービスやデータ放送などのメディアを活用することで、ペーパーレス化につなげることができました。(ゴール12)

取組成果
・熱中症声かけプロジェクト提供のうちわ500枚、塩飴500セットを「涼みの駅」の登録施設の協力で、市民の方々に配布しました。シルバー人材センターに熱中症予防チラシを100部配布しました。
・今年は新たに、しゅうなんメールサービスで、熱中症警戒アラート発令の周知、環境省の「熱中症警戒アラート」のLINE登録や熱中症予防の啓発を継続的に実施しました。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る