熱中症対策庁内連携会議 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2022.07.06 栃木市役所健康増進課

熱中症対策庁内連携会議


2022年5月24日 ~

【取組内容】
・庁内連携の必要性を感じている中、今回初めて開催することができた
・熱中症対策に関連した庁内関係15課を対象とし、熱中症対策の効果的・効率的な実施のための情報共有・情報交換を図った。
・包括連携協定締結事業所である大塚製薬様をアドバイザーとして情報提供していただいた。
・R3年度の救急搬送状況報告と消防本部からの救急搬送の事例報告により、栃木市の搬送の特徴を共有した。
・国の熱中症行動計画の概況を伝えた。
・R4年度の取り組み計画について各課からご報告をいただいた。

【工夫したポイント】
・会議開催前の事前説明会により、会議目的や各課に合わせた情報提供を個別に実施した。参加課からR3年度の報告およびR4年度の取り組みについて会議の場で報告いただいた。
・集合写真を撮影し、庁内インフォメーションで会議開催の報告やアドバイザー養成講座受講を呼び掛けた。
・消防本部から事例報告をしていただいた。
・部長から市一体となって取り組む必要性を伝えた。

【SDGs達成につながるアクション】
連携協定事業所の経験や資源を活用させていただき、連携会議を開催することができた。(ゴール17)

【取組成果】
・子ども向けの講座や分かりやすい伝え方などの必要性について語られた。
・終了後、参加課からアドバイザー養成講座受講についての問い合わせが入った。
・高齢部局の職員から「高齢者への普及啓発の必要性を感じた」と連携のための話し合いの場が設けられ、消防本部職員と協力して民生委員児童委員向けの講座開催の運びとなった。
・ケーブルテレビに熱中症対応の1つとして会議開催が取り上げられた。


記事一覧に戻る