シトラスリボンプロジェクトとコラボ マスク熱中症予防声かけプロジェクト 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2021.11.22 有限会社川滝運送

シトラスリボンプロジェクトとコラボ マスク熱中症予防声かけプロジェクト


2021年5月1日 ~

【取組内容】
高齢者世帯・独居高齢者世帯の割合が高い地域でもあり、新しい情報がていねいに伝わりにくい地域と感じています。感染防止のためマスク着用は必須です。しかしマスク着用することで熱中症の発症は大幅増加します。弊社では昨年5月よりシトラスリボンプロジェクトへ賛同。この活動の場でスタッフの会や地域の方のお宅へ訪問の際、マスク熱中症予防のためのお声かけ、水分摂取の仕方、またマスクをはずそうなどの「新しい生活様式」についてなどをお伝えさせて頂くことから始まりました。社員と共に活動していて気付いたのですが、熱中症予防声かけプロジェクトもシトラスリボンプロジェクトも自分や自分以外の誰かの事を大切に想う思いやりが伝播し広がってゆく活動だからコラボ出来たのだと思います。

【工夫したポイント】
①『マスク生活は真夏も継続=熱中症発症リスクアップ=マスクを外そう』 この基準がわからない高齢者の方が多くいたことから、どうしたらいいのかわからないことに耳を傾け、生活の場での不安の解決を一緒に行う。②滞在時間短縮③マスクで表情がわかりにくいのでしっかりと笑顔を作る④お茶ばかり・ポカリばかりとならない様伝えた⑤涼太郎のラインスタンプでこまめに楽しく声かけ⑥健康への話題作りに塩飴をサンプルとして手渡す⑦知りたい事を伝える

【コロナ対策で特に工夫したこと】
①持ち物の紫外線殺菌②キーボードは消毒できないのでラップを掛け頻回に取換える③社屋内はオゾン空気清浄機を24時間稼働④次亜塩素酸水生成装置導入・オゾン水生成装置導入で頻回に器具・手指消毒の徹底⑤手指消毒の携行⑥マスク支給で交換推奨⑦消毒薬の支給⑧1日2回体温測定⑨紙コップ使用⑩入室時屋外で手洗い入退室時手指消毒の徹底⑪出勤時体調確認⑫換気⑬訪問先では滞在時間の短縮⑭密回避

【取組成果】
①誰だって、いつどこで感染するかわかりません。だからこそ手洗い・消毒・マスク・換気・咳エチケットが大切②自分が感染する恐れもあるが、自分が感染しているかも。このような考え方もあることを理解して頂けた。③新しい生活様式を理解できた方がシトラスリボンプロジェクトと共に地域へ発信してくださっています。④熱中症と感染の恐怖から屋外でマスクは外せなかったが、密を避けることでマスクを外すことができるとわかり、熱中症に気を付け外出できるようになった。⑤隠れ脱水防止が大切と理解してくれた。⑥外出時、ペットボトル・マイボトルの携帯が増えた

弊社HP                       インスタグラム kawataki_unsou


記事一覧に戻る