防災行政無線を活用した注意喚起 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2021.09.08 栃木市役所保健福祉部健康増進課

防災行政無線を活用した注意喚起


2021年5月10日~9月30日

【取組内容】
・熱中症警戒アラートが発表された日(土日祝日含む)の午前9時に防災行政無線での注意喚起を実施している。
・7/16、7/23、7/30、8/6、8/13の金曜17時、8/20、8/27の金曜13時に防災行政無線で週末の熱中症予防の注意喚起を実施した。

【工夫したポイント】
・危機管理課、広報課、学校教育課と協力体制を構築し実施している。
・熱中症警戒アラート発表時に、予防行動を促すため、様々な活動が始まる朝9時(土日祝日含む)に放送している。また、平日朝9時の放送は学校の授業中になるため、市内小中学校の校長会において防災行政無線放送の役割(地域で予防行動を促すため)を伝え理解を得た。
・防災行政無線で放送したことについて、庁内インフォメーションにより全職員に周知した。
・救急搬送者が増加する梅雨明けから盛夏期にかけて、熱中症警戒アラートが発表されていなくても毎週金曜日に注意喚起を実施した。

【コロナ対策で特に工夫したこと】
人との直接的な接触を介せず、広範囲に周知ができるため活用した。

【取組成果】
・市民よりアラート発表の有無についての問合わせや「朝9時の放送は、屋外作業をしている方にとって注意喚起となるので大変ありがたい」との声をいただいた。
・職員より、熱中症予防に対する注意喚起に活用したとの報告があった。


記事一覧に戻る