移動する日陰とソーシャルディスタンスを作る!日傘のシェアリングサービスで熱中症予防 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.10.01 株式会社Nature Innovation Group

移動する日陰とソーシャルディスタンスを作る!日傘のシェアリングサービスで熱中症予防


2020年6月8日~10月28日

【取組内容】
駅や商業施設などに傘のシェアリングスポットを設置。雨の日はもちろん、暑い日には熱中症対策として晴雨兼用の日傘としても利用可能。日傘仕様のアイカサは、紫外線90%以上カット、遮光遮熱でそのようなしっかりとした傘をさすだけで熱中症レベルが1つ下がると言われています。また、8月より環境省と連携して「熱中症警戒アラート(試行)」が発令された際には関東のアイカサが1日無料となる施策を行い、普段日傘を利用しない方や、急な暑さで日傘を使ってみたい方などにも使いやすく、日傘を買うまでもないが、駅などにあり一時的に使う日傘男子の利用も増加。デザインも各種取り揃え、使う楽しさも演出しました。

【工夫したポイント】
・男性にも使いやすいデザイン、女性には普段使わないような華やかなデザインなど各種楽しめる傘を展開。・環境省の熱中症警戒アラートと連携しアラートが日傘の利用を告知されるので熱中症には日傘の大切さを広く伝えることができた。・通常の晴雨兼用傘に次いで、高機能な日傘を拡大でき、70円という低価格で品質の良い傘を提供できた。・壊れても修理できる傘をシェアリングしたので、ゴミ問題も解決できた。・日中の晴れの日のみならず、増えるゲリラ豪雨の際にも雨傘として利用できる点と、1日何度借りても同料金(70円)なので使いたいときに傘をレンタルすることで手ぶらで移動できる体験を提供できた。・国際的アートイベントの横浜トリエンナーレやARTBAY TOKYOの公式日傘としてイベントに訪れる人の熱中症対策に貢献しました。

【取組成果】
・日傘の展開は昨年同月は1種類だったが、今年は5種類の傘が日傘仕様になり、日傘の需要が増えた。・テレビ4番組に取り上げていただき、広く日傘のレンタルを周知できた。・環境省の熱中症警戒アラートとの連携ができた。・レンタルだからこそ使いたくなる!と日傘男子の需要が増えた。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る