「コロナ渦 熱中症ゼロを目指して 猛暑を乗り切るために」 その1~全体編~ 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.30 社会福祉法人 農協共済別府リハビリテーションセンター

「コロナ渦 熱中症ゼロを目指して 猛暑を乗り切るために」 その1~全体編~


2020年4月17日~現在継続中

【取組成果】
①4月17日からWBGT予測値を各職員にメールで配信(委託業者にはプリントして配布)し注意喚起を行い、10月まで継続実施予定(写真1)。現在42回配信した。合わせて「暑熱順化」や「熱中症とは?」「マスクをした状態での熱中症予防」など熱中症予防に役立つ知識の提供を行った。②担当職員が「熱中症対策アドバイザー養成講座」を受講し、「熱中症アドバイザー」の資格を取得し、「熱中症対策」の普及啓発を行った。③各部署にWBGT測定器を設置しており(写真2)、4月からポスター掲示(写真3)など啓発活動をおこなった。④センターの公式ホームページに5月1日~9月30日までクールビズ実施の記事を掲載し、職員に対してもクールビズの実施と啓発を行った(写真4)。⑤毎週実施している「職場環境ラウンド」の際、熱中症対策がとられているかチェックし必要に応じて助言した。

【工夫したポイント】
今年度は、センター内の熱中症対策を地域連携を通して地域活動へと広げていく予定であったが、コロナ渦の中実施が難しかった。そのため、昨年度に引き続き、職場内での「熱中症ゼロ」を目標に職場内での熱中症対策活動を継続した。

【取組成果】
熱中症対策に取り組み始めて7年目となり、4月の段階からWBGT値の情報を目にするようになり、職員全員がWBGTの値を意識するようになっている。WBGT値によって屋外のリハビリなどを控えるなど業務内容もマニュアルに定められ、日常的に熱中症予防に取り組める風土が出来上がってきた。現時点では、熱中症ゼロを達成している。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る