熱中症予防街頭啓発活動 「マスクによる熱中症にご注意 バロー多治見店」 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.29 多治見市役所

熱中症予防街頭啓発活動 「マスクによる熱中症にご注意 バロー多治見店」


2020年7月3日

【取組内容】
今年2回目の街頭啓発活動として市内スーパーマーケット バロー多治見店で森永製菓株式会社と共同で実施しました。今年は新型コロナウイルス感染症拡大により生活様式が大きく変わり、高温多湿の環境でもマスクをつけながらの夏になりました。マスクをつけていることで熱中症リスクが高まることを市民に広く周知するため、マスク着用時の注意事項が記載されたチラシや、うちわ、甘酒、塩飴の配布しました。

【工夫したポイント】
・テレビ局や新聞社に取材に来てもらうことで市民だけでなく近隣市町村の住民にも啓発効果が出るように行った。
・感染症予防の観点から接触時間の短縮、ビニール手袋を着用して啓発物品の配付を行った。
・外出頻度が高く、マスクを着用しながら荷物を運ぶ買い物客は熱中症になるリスクが高いと判断し、今回の活動場所と買い物客をメインターゲットにしました。

【取組成果】
・200人に啓発物品を配布(チラシ、うちわ、塩飴、甘酒(森永製菓提供))
・NHK、中日新聞、岐阜新聞の取材(当日の夕方放送、翌日の朝刊に掲載)
・放送を見た他市の住民から啓発に使用した資料が欲しいなどの反響があった
・「普段の熱中症対策については知っていたが新しい生活様式になってからの予防方法は知らなかった」といった声があった
・毎年、森永製菓と共同で開催していた「熱中症予防声かけ出陣式」の代わりとして実施したが、結果として今まで実施していない新しい活動ができた。


記事一覧に戻る