熱中症・新型コロナウィルス感染拡大防止プロジェクト 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.28 鳥取県立米子産業体育館

熱中症・新型コロナウィルス感染拡大防止プロジェクト


2020年6月1日~8月31日

【取組内容】
・WBGTを計測し、数値と時間、熱中症警戒レベルをボード等に表示した。(写真①②) ・受付や、巡回時に職員で利用者にこまめな水分補給と休憩の呼びかけを行った。
・利用者の目につくところに、ポスターを掲示した(写真③)
・本館の自主事業参加者の多くは高齢者、または小学生であることから自主事業(スポーツ教室)実施時はWBGT指数の基準を予防的に27℃とし、WBGTが28℃を超えないよう基準を定め、冷房の運転をし、教室を実施した。
・経口補水液OS‐1の常備。                                             ・WBGTが28℃を超えるような日は必要に応じて館内エントランスホールに冷房を入れたり、休憩時に利用者が自由に利用できるようホールに大型扇風機を設置し、休憩しやすい環境を提供した。                  
・昨年度玄関に設置されたデジタルサイネージに6月より熱中症予防のポイントを表示し、注意喚起を行った。(写真④)
・換気が十分に行えるよう体育館の入り口扉や窓を開放。
・本年6月より当館ホームページにひと涼みアワードのサイトのリンクを添付。(写真⑤)

【工夫したポイント】
取り組み内容としては昨年とほぼ同様だが、今年は熱中症対策だけでなく、新型コロナウィルス感染症拡大防止も同時に取り組みました。熱中症対策の取り組みとして工夫した点は、デジタルサイネージの導入による利用者への呼びかけです。ポスター掲示だけでは気付いてもらえなかったところも、正面玄関入り口の目につくところに設置することで利用者の方々の目にもとまりやすく、良い啓発に繋がったのではないかと思います。

【取組成果】
・今年度も救急車による搬送はなし。


記事一覧に戻る