日傘普及啓発の取組 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.25 埼玉県

日傘普及啓発の取組


2017年7月18日

【取組内容】
暑さ対策・熱中症対策に有効な日傘の普及啓発の取組として暑さ対策等を積極的に推進する市や企業との連携、日傘ツイッターによる情報発信、日傘体験会等を行った。
具体的な取組内容として、百貨店・量販店との連携による「父の日に日傘を贈ろうキャンペーン」、大手繊維メーカーとの晴雨・男女兼用折畳傘・埼玉モデルの共同企画、男性用日傘をファッションアイテムの一つと位置付けた情報発信などを行った。

【工夫したポイント】
・父の日に日傘を贈ろうキャンペーンでは、どこで男性用日傘が購入できるかわからないといった県民の声に応え、実際に入手しやすくすることを目指した。
・大手繊維メーカー東レ(株)との共同企画傘は、県職員等を対象にしたモニター調査結果を商品の仕様等に反映し、「埼玉県モデル」として販売。共同企画傘を通じて日傘への注目喚起・普及促進を図った。
・ファッションアイテムとしての男性用日傘の情報発信では、百貨店と連携し、クールビズと日傘を組み合わせたコーディネイトを提案し、男性用日傘に対する意識変革を図った。
・メディアに取り上げてもらうことで、コストをかけない普及啓発を行った。

【取組成果】
・父の日に日傘を贈ろうキャンペーン(R1.5.29~6.16):協力店舗 29店舗
・共同企画傘:販売店舗 33か所、販売実績 500本超(昨年度実績)
・ファッションアイテムとしての男性用日傘:県公式日傘ツイッターのインプレッション 約1000(R2.8.26時点)
・メディア取材・報道実績:国内外70件以上の媒体に取り上げられた(令和元年度)
・日傘を体験した男性からは、差すと差さないでは全然違う、思っていたよりも快適、実際に使ってみると思っていたほど周りの目は気にならない、といった感想をいただいた。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る