「まちのクールオアシス」による熱中症注意喚起 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.25 埼玉県

「まちのクールオアシス」による熱中症注意喚起


「まちのクールオアシス」による熱中症注意喚起
2020年6月1日~9月30日

【取組内容】
県内の民間企業や行政機関約8,000施設を「まちのクールオアシス」として登録。熱中症に関する情報発信の拠点や外出時の一時休息所として御協力いただき、官民で連携して熱中症予防を呼び掛けている。

【工夫したポイント】
・体調不良者への対応マニュアルや啓発チラシ、ステッカーを作成し、協力施設に配布。
・協力施設に配布するステッカーに英語を併記し、外国人でもわかりやすいように工夫した。
・県ホームページで協力施設一覧を公表。メディア等にも積極的に周知を行った。
・新型コロナウイルス感染症とクールオアシスの両立について好事例を収集する(今後実施予定)。

【取組成果】
・協力施設数:事業開始(H23年)1,150か所→R2年7月8,170施設
・協力施設へのアンケートH30年度実施:「施設利用者へ熱中症について普及啓発や注意喚起をする機会ができた」45%、「施設職員が熱中症について学ぶ機会となった」30%、「利用者との交流増加」や「利用者数増加」と回答した施設もあった。
75%の施設でクールオアシス利用者あり、25%の施設で体調不良者への対応を実施。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る