デジタルサイネージと計測センサの連携による現場の熱中症予防 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.23 NTTテクノクロス株式会社

デジタルサイネージと計測センサの連携による現場の熱中症予防


2020年7月~

【取組内容】
デジタルサイネージサービス「ひかりサイネージ」による、熱中症予防情報の提供、注意喚起に取り組んでいます。

2018年より、環境省が提供する「暑さ指数(WBGT)」データを定期的に自動取得し、熱中症の注意レベルをリアルタイムに配信するコンテンツを提供し、お客様にご好評をいただいておりました。

この度、「よりピンポイントの暑さ指数を表示することで、熱中症の注意喚起をしたい」というお客様のご要望を受け、暑さ指数や温度、湿度などを計測できるセンサとひかりサイネージを連携させることで、計測センサ周辺の熱中症の注意レベルをリアルタイムに表示するコンテンツを作成し、提供開始いたしました。

特に屋外での作業が必要になる建設現場などにおいては、例年熱中症による事故が多く報告されています。
ピンポイントかつリアルタイムの暑さ指数や注意事項を掲載することで、適切な休憩や水分補給を促し、現場における熱中症による事故を防止します。

今後もお客様へのコンテンツ提供を通して、熱中症の注意喚起に取り組んで参ります。

ひかりサイネージHP
こちら


【工夫したポイント】
・暑さ指数のレベルに応じて、背景や色合いを変えることで、現時点での暑さ指数が一目で分かるようにした。
・コンテンツの配信設定は最初の1度だけで、運用の手間がかからない。"


【取組成果】
「現場の暑さが分かりやすく表示されるので、熱中症予防の意識付けになる」という声をいただいています。


記事一覧に戻る