コロナ禍におけるオンライン授業の試み 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.16 埼玉県私立 本庄東高等学校

コロナ禍におけるオンライン授業の試み


2020年3月27日~

【取組内容】
2月27日全国小中高がコロナウイルスの影響により休校要請が発令された。3月2日より臨時休校に入る。授業もオンライン授業になり予定していた熱中症対策講座も実施不可能となった。本校でも初めての企画で、自宅にいる生徒に保健体育の授業の一環として、P.Cによる熱中症データを基に解説する形式をとった。

【工夫したポイント】
大塚製薬様の指導を得て、10分ものの動画を作成し、ナレーションをいれる工夫をした。又、殆どの生徒(1,406名+附属中学校305名)が自宅にいながら、暑くなる時期よりも前に熱中症についての知識は習得できたと考える。

【取組成果】
40℃近くにもなる暑い日が続き、熱中症のリスクが例年以上に高くなった。熱中症により保健室を利用する生徒が昨年より減少し、一定の成果が得られた。各部活動でも、コロナウイルス対策と熱中症対策の相反する対策を行う体制が確立した。


記事一覧に戻る