店内メディアを活用し、「新しい生活様式」における熱中症予防啓発を推進 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.09.09 株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス

店内メディアを活用し、「新しい生活様式」における熱中症予防啓発を推進


2020年7月1日 ~ 8月31日

【取組内容】
全国のPPIHグループの店内メディアを活用し、コロナ禍の
「新しい生活様式」における熱中症予防の声かけ活動を実施。
<実施内容>
 ●店内放送、ポスター、POPによる熱中症予防啓発の実施
 ●暑さ指数による熱中症予防情報を店内モニターで配信

【工夫したポイント】
熱中症予防の「声かけワード」を、コロナウィルス感染拡大を防ぐ
「新しい生活様式」と両立する内容に変更し、ワードを掲載した
ポスターを店内の目立つ場所に設置しました。
また、高温・多湿な中でのマスク着用は熱中症のリスクが
高まる恐れがあることを、当社グループのキャラクターを用いた
目立つPOPで訴求し、暑さ対策商品のコーナーに設置しました。

【取組成果】
「ドンキで流れている熱中症に気を付けようの歌が頭から離れない」と
いったお客さまの声がSNSで今年も多く見られました。
店内放送はお買いもの中のお客さまの耳に自然と入り、
かつ印象的なメロディが熱中症予防の啓発につながりました。
また、暑さ対策商品付近に取り付けた予防啓発POPも目立つ
デザインでお客さまの目に留まり、注意喚起できました。


記事一覧に戻る