館林市暑さ対策セミナー「熱中症対策と地球温暖化」 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2019.09.30 館林市

館林市暑さ対策セミナー「熱中症対策と地球温暖化」


2019/6/22
【取組内容】
対象:一般市民等 80名
○研究報告
 「熱中症対策食品の開発~血管を強くして夏を乗り切ろう~」
 東洋大学生命科学部 川口英夫 教授
○講演
 「気象キャスターから見た今年の館林の夏」
 気象キャスター 天達武史 氏
○パネルディスカッション「熱中症対策と地球温暖化」
 コーディネータ:群馬大学大学院 宝田恭之 特任教授
 パネリスト  :東洋大学生命科学部 川口英夫 教授
          気象キャスター 天達武史 氏
          群馬県地球温暖化防止活動推進センター 片亀 光 センター長

【工夫したポイント】
昨年の夏、関東甲信地方では観測史上初めて6月中の梅雨明けとなり、また”災害級の暑さ”も加わり、多くの方が熱中症を発症したため、気象の専門家を通して今年の夏の天候と熱中症への対応について講演いただき、「体が慣れていない最初の暑さが特に危険」とし、のどが渇く前の水分・塩分の補給を呼び掛けました。
また、熱中症対策食品の研究者をお呼びし、現在の研究状況と商品化の可能性について報告いただき、熱中症に対し様々な点からアプローチし、来場者へ興味関心を持っていただくようにしました。

【取組成果】
梅雨明け直後の急激な気温上昇の時に熱中症を発症しやすいため、早めの対応とこまめな水分・塩分補給の重要性を認識しました。


記事一覧に戻る