やましな熱中症ゼロ大作戦 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2019.09.17 やましな熱中症ゼロ大作戦連絡会(京都市山科区役所)

やましな熱中症ゼロ大作戦


2019/6/30~8/31
【取組内容】
山科消防署及び山科医師会や区内の地域団体,関係機関,民間企業等の協力を得て,区民の命を守る安心・安全の取組の一環として熱中症予防について注意喚起や啓発イベントを実施。
・区役所,山科消防署等による地域,区内中学校等における健康教室の実施
・協力団体(山科医師会・山科薬剤師会・地域包括支援センター・老人福祉施設・スポーツクラブ・電化製品量販店等)によるチラシの配架
・民生委員,老人福祉員の協力により,熱中症予防チラシ,啓発物(簡易温度計)の配布を通じて高齢者に熱中症予防の声掛け訪問を実施していただいた。
・クールスポットの設定を関係機関等に協力いただいた。
・啓発イベントとして,「安心・安全やましな笑顔と゛きずな”パレード2019式典におい て,熱中症予防啓発寸劇の実施及びJR山科駅前においてチラシ,うちわ,水,塩飴の配布による熱中症予防啓発を実施
・イベントでのミストの設置
・山科区役所ホームページや山科区独自のアプリ「やましなプラス+」,市民しんぶん区版に熱中症予防について掲載

【工夫したポイント】
・取組実施にあたり,関係機関で連絡会として会議を開催し取組についての理解を深めるとともに,地域団体や熱中症発症の多い高齢者に関わりの深い地域包括支援センターや高齢福祉施設の協力を得て実施。また,区として安心・安全のまちづくりの一環として取り組んだ。
・中学校における健康教室では,熱中症に関するクイズ等を活用して参加型の健康教室を実施し関心を高めた。受講の振り返りシートを作成し復習及び家族への啓発にも活用してもらうよう呼び掛けた。
・啓発物として塩飴を作成したが,地元の手づくり飴製造会社の飴を採用し包装に取組のタイトル,水分補給についてなど,熱中症予防について印刷・掲載した。

【取組成果】
・民生委員や老人福祉員等の協力を得ることにより,独居高齢者の方など注意を要する方に声をかけることができた。
・地域団体や山科消防署と取り組むことにより,内容の充実や取組の機会が広がった。
・中学校における健康教室については,6月初旬から取組を実施し,京都新聞にも記事が掲載され取組を広く周知することができた。


記事一覧に戻る