イオンモール倉敷/倉敷・総社温暖化対策協議会/伊東家の省エネ体験で熱中症対策コーナー6回目 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2019.08.26 株式会社健康日本総合研究所/倉敷・総社温暖化対策協議会

イオンモール倉敷/倉敷・総社温暖化対策協議会/伊東家の省エネ体験で熱中症対策コーナー6回目


2019/8/21
【取組内容】
倉敷・総社温暖化対策協議会の省エネグループが毎月1回イオンモール倉敷で省エネ体験コーナーを実施しているため、適応グループ熱中症対策班と合同で熱中症のポスター展示、液晶温度計付熱中症予防カード、パンフレットの配布、医療機器の血管年齢測定器アルテットを活用して血管年齢測定を行いました。熱中症対策コーナーの令和元年度の開催は3回目です。

【工夫したポイント】
地元の高校・大学からボランティアを受け入れ5人が協力してくれました。彼らは、来場者に説明するため熱中症予防カードや血管年齢測定器の説明を熱心にしてくれました。イオンモール倉敷のホームページのイベントのページに省エネコーナーで熱中症対策とその予防のための血管年齢測定を行うことを掲載していただいています。また、倉敷市のホームページからもリンクを貼って頂きました。FacebookやツイッターなどのSNSも活用しています。毎月実施しているイベントと一緒にできることは普及啓発につながっています。

【取組成果】
8月21日13時30分頃通算来場者5,000名を達成しました。倉敷市環境政策部 佐藤部長、倉敷市地球温暖化対策室 塩津室長、倉敷市環境学習センター 安延所長以下の参席の元 5,000名達成記念式典も無事終了しました。イオンモール倉敷での倉敷・総社温暖化対策協議会の伊東家の省エネ体験コーナーは毎月1回開催しています。適用グループによる熱中症対策コーナーは6回目です。これからも夏期は熱中症対策コーナーを継続実施していきます。また、令和2年1月15日に倉敷・総社温暖化対策協議会省エネ体験コーナー開催100回を迎えます。イオン倉敷店の方から現在の実施場所の2.5倍になるホールの提供の話がきています。熱中症の時期としては適しませんが適応グループ熱中症対策班は9月14日に株式会社健康日本総合研究所で実施する定例会でこのイベントに向けて何をするかを計画していきます。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る