同報無線・広報車を活用した熱中症予防の声かけ運動 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2019.08.22 大府市役所

同報無線・広報車を活用した熱中症予防の声かけ運動


2019/7/1~8/31
【取組内容】
 期間中、環境省午前8時発表の暑さ指数の予測値に、31℃を超える時間帯があった日の午前9時頃に市内60カ所に設置されている同報無線を活用し、熱中症の注意喚起を実施。
●同報無線での放送内容「こちらは広報おおぶです。 大府市保健センターからお知らせします。 本日は気温が高くなることが予想されます。 外出はなるべく控え、こまめに水分を補給しましょう。 以上、大府市保健センターからのお知らせでした。」

 また、同報無線と同じ条件の時(平日のみ)に、広報車で、熱中症の注意喚起の音源を流しながら市内を走行。(午前9時~10時、午後1時~2時の活用)
●広報車午前9時~の放送内容「こちらは大府市健康増進課です。本日は気温が高くなることが予想されます。熱中症は屋外だけではなく、室内でも起こります。こまめに休憩をとり、水分と塩分の補給を心掛けましょう。」
●広報車午後1時~の放送内容「こちらは大府市健康増進課です。現在、一日の中でも最も気温が高くなる時間帯です。熱中症は屋外だけではなく、室内でも起こります。こまめに休憩をとり、水分と塩分の補給を心掛けましょう。」

【工夫したポイント】
・同報無線を活用した時には、災害用のメール配信サービスやツイッター、ホームページのトップページへも熱中症の注意喚起情報を配信・掲載し、より多くの人へ情報が届くように、また聞き取れなかった方が困らないように工夫。
・開庁日に同報無線を活用した場合は、庁内通知サービスに熱中症の注意喚起情報を掲載し、市役所職員に対して熱中症の対策を講じてもらうよう指示。
・同報無線の放送、災害用のメール配信サービス・ツイッター配信、ホームページトップページへの掲載は、土日祝日も運用。
・広報紙に熱中症特集を掲載し、その中で同報無線について紹介。
・大府市ホームページでの紹介。
・同報無線の活用による混乱を予想し、事前に市内の自治区を回り、同報無線活用について説明を行った。
・台風などが近づいており、かつ天気が悪いときは、市民の混乱が予想されるので、放送の条件を満たしていても同報無線、広報車の活用は行わないようにした。
・市民の活動が始まる午前9時頃に同報無線の放送を実施。
・広報車は市民の活動が始まる午前9時からと、気温が高くなる午後1時からに放送を実施、それぞれの時間帯で放送内容を変えた。

【取組成果】
熱中症による搬送者の減(7月末までの熱中症搬送者、昨年比▲33人、一昨年比▲5人)、市民に対して熱中症予防への意識付け(市民から様々な意見をちょうだいした)、職員全体の熱中症予防への意識付け(各課ごとでの熱中症予防の取り組みが実施されている)

●大府市役所「熱中症に注意しましょう」こちら
●大府市役所「同報無線による熱中症の注意喚起を実施します」こちら


記事一覧に戻る