見学等を通じて熱中症発症の予防に資する情報を収集および共有 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2018.10.03 一般社団法人リバーフォルクス

見学等を通じて熱中症発症の予防に資する情報を収集および共有


【取組内容】
スタッフが熱中症発症の予防に取り組んでいる現場に出向き、スポーツの現場に取り入れられるものはないか情報を収集し、スタッフ間で共有しました。例:熊谷市役所に行って取組みを見学、「涼」にこだわったランドスケープデザインがされた分譲地の見学、さいたまスタジアムでの控え室を用いた冷却の体験、大塚製薬株式会社様の取り扱っている「ポカリスエット」の高崎工場見学等

【工夫したポイント】
書面等で学んだものを実際に肌で経験することにより、熱のしのぎ方や、どれくらい効果があるのか比較することができました。また、知識だけでなく経験に基づいて子供達に啓発ができるように心がけました。

【取組成果】
真夏日、猛暑、酷暑といった環境において、どの対策を施すことが一番効果的なのか、選択することができるようになりました。例:風をあてることが最良なのか、木陰で休ませることが最良なのか、摂取する水分は何がいいか、機械的に予防にいいとされるものを施すのではなく、状況に応じて危険を防ぐ取組みを選べるようになりました。


記事一覧に戻る