スポーツ法務から取組む勉強会 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2018.10.03 一般社団法人リバーフォルクス

スポーツ法務から取組む勉強会


【取組内容】
法曹と連携し、勉強会資料を作成、今年のメディアの熱中症の取り上げ方を題材にして、スポーツ関係者だけでリスクマネジメントを行う脆弱さを指摘しました。

【工夫したポイント】
相手があるスポーツは、どうしても相手にペースを合わせてしまうし、横並びの運営を行いがちになります。それもスポーツ関係者だけで運営が構成されているからなので、異業種の人材を関与させることにより、より客観的な運営ができるようにしました。特にボランティアで構成される団体は、ボランティアだから免責されるという思考に陥りがちなので強く訴えました。

【取組成果】
他がやっているからという理由で、責任は免れることはできないことを理解し、「大丈夫だろう」というような認識で運営しないように責任者としての意識が高まりました。また、勉強会の後でより詳しいケーススタディなどのリクエストがありました。


記事一覧に戻る