ひと涼みスポットの開設 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2018.09.07 千代田区

ひと涼みスポットの開設


【取組内容】
・区公共施設23か所をひと涼みスポットとして開設し、「熱中症予防声かけプロジェクト」賛同のぼりやポスター等を掲げるとともに、室内スペースにてうちわ、チラシ、塩飴及び経口補水液を啓発品として配布しました。
・民間団体と協働し、計11か所の民間施設にてひと涼みスポットを開設しました。
・「ひと涼みスポットマップ」を配布し、さらなる事業周知に努めました。

【工夫したポイント】
・区施設だけでなく、民間団体(一般社団法人おもてなしランナー協会、株式会社ココカラファイン、お茶ナビゲート、三井記念病院)と協働し、より広く普及啓発を実施しました。

【取組成果】
・千代田保健所では、9月4日時点で324人の方にひと涼みスポットをご利用いただきました。(平均年齢(推定含む):41歳 平均滞在時間:13分)
今年は猛暑日が続き、昨年度同時点(191人)より約1.7倍利用者数が増加しました。
・各ひと涼みスポットにうちわ約6000枚、ちらし約5,000枚、ひと涼みスポットマップ約1,000枚、OS-1約300本、OS-1ゼリー約120個、SARAYA匠の塩飴750g約20袋を配布し、広く普及啓発に努めました。
・平成26年度より実施しており今年で5年目の実施です。今後も民間団体と協力しながら継続実施していく環境が整っています。


記事一覧に戻る