温度に気をくばろう 熱中症予防声かけプロジェクト

動画で学ぼう

  • ワールド声かけ隊presents 外国人に熱中症予防を呼びかけよう
  • 熱中症について動画で学ぼう

熱中症を学ぼう

  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • ひと涼みアワード2015授賞式
  • ひと涼みアワード2015授賞式

温度に気をくばろう

暑さに敏感になりましょう。からだで感じる暑さと実際の気温は異なることがあります。
実際の気温を知ることで適切な熱中症対策が可能になります。
今いるところの温度、これから行くところの温度を、温度計や天気予報で知るようにしましょう。
暑くなりすぎていたら、日陰をつくったり、エアコンなどを使って適度に温度を下げましょう。ただし、冷やしすぎは禁物です。

天気や気温を知る
天気や気温を知る

暑い日や暑い時間帯を意識しましょう。熱中症は真夏だけでなく、暑ければいつでも起こる危険があります。
特に急に暑くなる日は、身体が暑さに慣れていないので要注意。
一番危ないのは梅雨明け直後。梅雨の中休みや残暑の時期も油断は禁物です。

日陰を選んで歩く
日陰を選んで歩く

真夏の直射日光の下では、少しの時間でも体力を大きく消耗します。
特に都会ではアスファルトからの照り返しも加わるため、下からも激しい暑さを感じ、特に熱中症になりやすい状態です。外を歩くときはできるだけ日陰を選び、身体に熱をためないように注意しましょう。

日差しを遮り、風は通す
日差しを遮り、風は通す

家の中で発生する熱中症も増えています。原因は、熱や湿気が部屋にこもってしまうこと。
すだれやカーテンで直射日光を防ぎ、こまめに窓を開けて風通しをよくするなど、少しの工夫で家の中の環境は変えられます。快適に過ごせる環境づくりを、日頃から心がけましょう。

扇風機やエアコンを上手に使う
扇風機やエアコンを上手に使う

熱中症を予防するには、身体を冷やせば良いというわけではありません。過度なエアコンで身体を冷やしすぎると、外との温度差が大きくなり、逆に身体に負担がかかってしまいます。エアコンは設定温度を28度にして、扇風機との併用で効率的に冷気を循環させるなど、上手に使うコツを身につけましょう。

日傘や帽子を活用
日傘や帽子を活用

どうしても太陽の下へ出歩かなくてはならない時は、持ち物で対策を。
レジャーはもちろん、ビジネスでの外出にも日傘や帽子を持参し、後頭部を直射日光から守るようにしましょう。「自分の身は自分で守る」が熱中症予防の基本です。

涼しい素材の服を着る
涼しい素材の服を着る

暑いときは、木綿や麻などの自然素材や、スポーツウエアなどに使われる吸汗・速乾性に優れた素材を使った衣類がオススメです。
快適素材で夏のファッションを楽しみましょう。



クールビズ
クールビズ

今や、クールビズは当たり前の時代!夏を快適に過ごすための快適なスタイルです。
例えば、襟元を緩めるだけでも通気性がよくなり、服の中の熱気も外に逃がします。温暖化防止と熱中症予防の一石二鳥です。

打ち水をする
打ち水をする

夏の風物詩、打ち水。蒸発するときにまわりの熱を奪うので、温度上昇を抑えられます。
朝や夕方に、雨水やお風呂の残り湯などを再利用するのがコツです。昔からの知恵を使って、粋に、熱中症を防ぎましょう。

その他の声かけはアイコンをclick!