イオンモール倉敷/伊東家の省エネ体験で熱中症対策コーナー100回記念イベント 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2020.01.20 株式会社健康日本総合研究所/倉敷・総社温暖化対策協議会

イオンモール倉敷/伊東家の省エネ体験で熱中症対策コーナー100回記念イベント


2020/1/15
【取組内容】
倉敷・総社温暖化対策協議会の省エネグループが毎月1回イオンモール倉敷で省エネ体験コーナーを実施しているため、毎年6・7・8月は熱中症のポスター展示、液晶温度計付熱中症予防カード、パンフレットの配布、医療機器の血管年齢測定器アルテットを活用して血管年齢測定を行っています。令和2年1月15日は100回目になるためイオンモール倉敷がメインホールを提供してくれることになり、冬季ではありますが熱中症対策コーナーも実施することになりました。

【工夫したポイント】
イオンモール倉敷1Fセントラルコートはイオンモール倉敷のメインホールになります。そのため、岡山県や倉敷市の環境関係の部門にも協力していただき、倉敷市のゆるキャラのくらいふ君にも来てもらいました。山陽新聞やイオンモール倉敷のホームページのイベントのページに100回記念イベントに適応グループが熱中症対策とその予防のための血管年齢測定を行うことを掲載していただきました。FacebookやツイッターなどのSNSも活用しています。

【取組成果】
岡山県や倉敷市の環境関係の部門のスタッフにも協力していただいたことで省エネ体験コーナーだけではなく「自転車をこいで綿菓子を作ろう」コーナーや小さな子どもたちが遊べるコーナーもできました。倉敷市のゆるキャラのくらいふ君も何度も会場内を回りイベントを盛り上げてくれました。冬季のイベントのため熱中症対策コーナーに人が来るかを懸念していましたがスタッフがお昼の休憩をとる時間がないほど買い物客が訪れ熱中症対策や熱中症予防カードの説明を聞き血管年齢測定をしていかれました。

参考URLはこちら


記事一覧に戻る