病院での注意点
  • 熱中症は、放っておくと急速に重症化します。 熱中症の疑いのある人を医療機関に搬送する際には、医療機関到着時に熱中症を疑っての検査と治療が迅速に開始されるよう、 その場に居あわせた最も状況のよくわかる人が医療機関まで付き添い、発症時の状態などを伝えるようにしましょう。
  • 特に「暑い環境」で「いままで元気だった人」が突然「倒れた」といったような熱中症を強く疑わせる情報は、 医療機関が熱中症の処置を即座に開始するために大事な情報ですので積極的に伝えましょう。
  • 情報が十分伝わらない場合、例えば意識障害のある患者として診断に手間どり、 結果として熱中症に対する処置を迅速に行えなくなる恐れもあります。