ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

特定非営利活動法人 たすけあい名古屋は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

NPO法人 たすけあい名古屋

団体名 特定非営利活動法人 たすけあい名古屋
代表者名 西川達夫
住所 〒458-0041
愛知県名古屋市緑区鳴子町四丁目13番地愛知県住宅供給公社鳴子第1住宅
電話番号 052-899-0833

団体案内

平成9年15名の発起人たちが、困ったときはお互いさまの気持で、支え合うことにより、「安心して暮らすことのできる地域社会を作るために」この団体を設立しました。  主として名古屋市緑区、天白区で活動し、緑区鳴子町に4ヶ所の拠点を設け、介護保険事業、障がい者(児)、自立支援事業を提供しています。23年10月には小規模多機能型居宅介護施設 「鳴子の おひさま」もオープンしました。  また、生活支援サービス(暮らし助け合い活動)として、福祉有償運送、産前産後の子育て支援、健康維持と地域の親睦を目的とした健康体操教室、卓球クラブなど多岐にわたって、活動しています。

熱中症予防取組紹介

熱中症予防取り組みとして、ご利用者宅への訪問時、ケアマネジャ、サービス担当責任者、訪問介護ヘルパーが、その方の状態を観察し、声かけなど適切な処置をしています。  さらに、職員研修で、熱中症被害の防ぎ方、ご利用者への声かけ・注意喚起など徹底するなど教育しています。  また、支援金・寄付金などで、たすけあい名古屋で元気な高齢者の介護予防・地域親睦として開催している健康体操教室・卓球クラブなどに水分補給の啓蒙として、お茶のサービスを実施します。