ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

NPO法人東京バリアフリーツアーセンターは、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

東京バリアフリーツアーセンター

団体名 NPO法人東京バリアフリーツアーセンター
代表者名 齋藤 修
住所 〒136-0074
東京都江東区東砂1-3-2-319
電話番号 03-3646-3544

団体案内

東京バリアフリーツアーセンターでは障がい者や高齢者などの歩行困難者が安心して旅行ができるよう観光施設、宿泊施設、交通機関、公共施設などのバリアフリー状況の調査を実施したいます。調査記録を基に旅行相談や旅行の手配をしています。施設の調査や旅行の相談は障がい当事者が実施している団体です。障がい当事者が施設の調査する事により障がい者の健常者では気がつかない事も調査でき様々なバリアを見つける事ができより安心に旅行ができるように設立、運営している団体です。

熱中症予防取組紹介

私達、車椅子利用者は健常者ととは違い地面に近い位置で生活、移動をしています。猛暑が続く中、車椅子利用は絶えず熱中症になる可能性が高いです。また旅行中は屋外での移動が多く熱中症予防が必要になります。日頃の活動の中で旅行中の熱中症予防対策を障がい者や高齢者に声をかけ推奨して所存です。熱中症予防対策を行い安心して旅行ができる日本したいと思っております。