ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

特定非営利活動法人リヴォルヴ学校教育研究所は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

リヴォルヴ学校教育研究所

団体名 特定非営利活動法人リヴォルヴ学校教育研究所
代表者名 小野村 哲
住所 〒305-0047
茨城県つくば市千現1-13-3パルスグランレジオつくば千現502号
電話番号 029-856-8143

団体案内

「対立から共育へ」をモットーに、不登校児童生徒の支援、学習につまずきがちな子ども達への支援のあり方など、民間レベルからの教育改革を実際的行動により提案するこ目的とし、以下の活動を行っています。 (1) ライズ学園の運営  主に小中学生を対象に学校になじめずにいる子ども達のための小さな学園を運営しています。学習支援のほか、スポーツや体験教室も取り入れています。 (2) 公開講座の企画運営  不登校や学習障害など、子ども達のつまずきへの理解を深める講座を開催しています。 (3)  いばらきマナビィ・ネットの運営  地域で支える豊かな学びを目指し、学校への社会人講師のコーディネート等をおこなっています。 (4) 教材開発   つまずきがちな子どもたちへの支援方法を研究、教材を開発販売しています。 (5) 被災地の学校支援  花苗や学用品などの支援を行い、教育環境整備に取り組んでいます。

熱中症予防取組紹介

ライズ学園では、朝の会や帰りの会、スポーツの授業の時など機会があるごとに、子ども達に「熱中症」について話をしています。 外出時には帽子をかぶる、こまめに水分を補給するなど、子ども達自身ができることを伝えることで、熱中症は予防できます。 また、子ども達が周りの友達や家族にも予防の大切さを伝えることで、熱中症予防の大きな輪ができていくと思っています。