ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

特定非営利活動法人まちづくりネットワーク島根は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

NPO法人まちづくりネットワーク島根

団体名 特定非営利活動法人まちづくりネットワーク島根
代表者名 山本 謙
住所 〒690-0012
島根県松江市古志原五丁目2-43
電話番号 0852-20-1821

団体案内

特定非営利活動法人まちづくりネットワーク島根は、2001年設立、2003年に法人登記し、『後世に伝えるまちづくりをみんなの手で!』を合言葉に環境保全や景観に関する市民ワーキングなどを開催しています。「嫁ヶ島に歩いて渡ろう」「嫁ヶ島草刈り」等では、島根県より平成18年には「第13回しまね景観賞-活動部門の奨励賞」、平成20年に「第15回しまね景観賞-宍道湖夕日スポットで大賞」を受賞いたしました。平成21年6月には「しまね協働実践事業」に採択された大庭空山地区の荒廃農地再生活動を一般参加者と共に「安心・安全」で、住みよいまちづくりを地域の方々とひろめてまいります。

熱中症予防取組紹介

当法人は、『後世に伝えるまちづくり』の一環として、
・「耕作放棄地の解消及び遊休農地の利用促進】活動として、まちネット市民農園の運営を行なっており、毎月「楽しい農業体験&勉強会」
・買い物弱者支援「ごようきき三河屋PJ」
・「松江だんだんシェア傘」事業では、島根県産間伐材を利用した傘立てを市民と連携制作し、松江市内200箇所設置、JR西日本から提供を受けた傘を配布し、一般市民、観光客が突然降ってきた雨を凌ぎ“使ってだんだん”“返してだんだん”と言えるよう事業を展開します。
このたび国民運動である「熱中症予防声かけプロジェクト」との連携をはかり、当法人が行なうイベント時、その他の活動の度、『声かけ』を積極的に行い、みんなが、元気な活動が出来るよう努めます。

【主な活動内容】
・「嫁ヶ島に歩いて渡ろう2001」2001年8月26日から毎年一回実施 (2009年水の都PJ協議会へ引き継ぐ)
・「嫁ヶ島草刈り2001」8年間毎年5回実施 (2009年嫁俄島竹生島神社社中へ引き継ぐ)
・「宍道湖夕日スポット整備計画」市民ワーキング実施2002年実施(完了)
・「嫁ヶ島ライトアップ実験」2005年10月3日実施 (完了)
・「山陰共通エコシステム普及推進事業」(経済産業省補助事業)2008年7月から実施中
・「大庭空山開拓地の農地復興事業」(島根県農業経営課協働実践事業)2009年3月より実施中
・「大庭空山地区の再生農地を利用した市民農園の開設事業」(地域社会雇用創出協働事業)2010年開始~現在
・「市民農園による耕作放棄地及び休耕地の解消及び農地活用普及事業」(地域社会雇用創出協働事業)2011年松江市比津町に22区画を開設(完売)
・「大庭西 まちネット市民農園」(耕作放棄地再生利用緊急対策交付金利用)として第3番目の農園開設 受付中
・「ごようきき三河屋PJの事務局」 (買物弱者支援事業)平成23~24年度新しい公共の場づくりのためのモデル事業
・「松江だんだんシェア傘」事業を2012年6月開始。(水と緑の森づくり交付金利用)