ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

特定非営利活動法人 京都フィルハーモニー室内合奏団は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

Kyoto Philharmonic Chamber Orchestra

団体名 特定非営利活動法人 京都フィルハーモニー室内合奏団
代表者名 小林 明
住所 〒604-8135
京都府京都市中京区東洞院通三条下る三文字町200番地ミックナカムラ303号室
電話番号 075-212-8275

団体案内

1972年に結成。本年創立40周年を迎える。一人一人がソリストの個性派揃いの合奏団です。ミッションは「多くの人々に音楽の楽しさを伝える」です。「クオリティは高く、ステージは楽しく」というポリシーを持ち、クラシック音楽の他に様々なジャンルの音楽もセンスある編曲を施して演奏する一方、日本の伝統芸能やタレントなど異分野との共演も積極的におこない"挑戦する室内オーケストラ"と大好評を博しています。創立以来、「未来の聴衆」を育てることを、活動の柱としており、学校音楽鑑賞会では40年間に延べ2800校、155万人以上の子どもたちに楽しい音楽を届けて来ました。また京都市のパートナーシップ事業とタイアップして、積極的に聴衆の育成拡大に力を注いでいます。
日本オーケストラ連盟準会員
平成2年度 藤堂音楽賞受賞
平成14年度 京都新聞大賞文化学術賞受賞

熱中症予防取組紹介

楽団として熱中症予防に取り組んでいることは、8月、9月の盛夏の時期の演奏で、熱中症にならないように気をつけている。特に小学校、中学校の体育館でのコンサートでは、窓を開け、扇風機を用意し、かつ体育館のまわりに打ち水をして予防をしています。さらに演奏者と観客の子ども達には十分な水分補給を促しています。そのために、お互いの体調を常に心配し、声をかけあっています。