ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

NPO教育支援協会北海道は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

教育支援協会北海道

団体名 NPO教育支援協会北海道
代表者名 安江 こずゑ
住所 〒080-2470
北海道帯広市西二十条南3丁目13-4
電話番号 0155-33-3033

団体案内

教育支援協会は、日本の将来を担う子どもたちの健全育成と、そのために必要な教育改革の実現を目的として、内閣府から認証を受けた教育分野最初の全国組織の特定非営利活動法人(NPO)です。 NPO教育支援協会北海道は2008年に北海道から認証を受け、地域NPOとして独立しました。全国組織としての特色を生かしながら北海道の教育ニーズへ対応し活動を進めています。「市民の手で新たな教育を地域の中へ」を合言葉に全道各地で地域子ども教室を展開しており、地域全体で子どもを育てることを目的に、子どもたちが安全に楽しく過ごす放課後の居場所を作り運営しています。「放課後イングリッシュ」や「放課後おもしろサイエンス」などの学習プログラムを全道60ヵ所以上で展開しており、自然体験活動の推進や、教育委員会・学校より委託を受け小学校外国語活動の支援や、自治体や学校単位のイベント・地域の行事などで出前授業なども行っています。

熱中症予防取組紹介

スタッフ同士の声かけはもちろん、地域子ども教室や自然体験活動の際に子どもたちへ積極的に声かけを行います。十分な水分補給や室温、適度な休憩などに心がけ、一人一人が意識を高め、声をかけあいながら、子どもたちの健全育成につとめてまいります。