ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

株式会社健康日本総合研究所は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

涼太郎の液晶温度計付熱中症予防カード・シートがアマゾンからも買えるよ

会社名 株式会社健康日本総合研究所
代表者名 井上泰裕
住所 〒712-8046
岡山県倉敷市福田町古新田1214-17
電話番号 086-454-0222

会社案内

弊社は、自治体の行う医療費適正化特別対策事業の提案を行う会社としてのパイオニアである井上総合社会事業研究所の事業を継承して平成13年4月に設立いたしました。おもな事業内容は計画作成、医療費分析、健康まつり等イベント企画、講師派遣、栄養士派遣、国保だより制作、健康調査や血管年齢測定等それに関連する資材や機器の開発や販売をおこなっています。

熱中症予防取組紹介

弊社の提案事業の中に熱中症予防を取り上げています。住民の熱中症予防対策の自治体の窓口になる保健センター等に熱中症予防カードを使った対策を提案するだけではなく熱中症予防対策を実施していない国民健康保険主管課、地域包括支援センター、子育て支援主管課、教育委員会にも働きかけを行っています。仕事に直接つながらなくても熱中症予防声かけプロジェクトに会員登録をすればのぼりやポスターなどのツールが自治体等の団体ならば無料で提供されることを周知することで熱中症予防の声かけの運動が広まることのお手伝いができることを誇りに思っています。また、弊社では熱中症予防声かけプロジェクトの涼太郎を採用した熱中症予防カードの新商品を発売しておりますが平成26年5月5日に大きめの熱中症予防カードとして「熱中症予防シートB5」を発売いたしました。このカードは液晶部分が16×144ミリあり、非常にみやすくなっています。また、平成27年5月5日には熱中症予防カード2015を発売いたしました。名刺サイズの熱中症予防カードにこのクラス最大の7×72ミリの液晶を使いました。熱中症予防カードを携帯したり部屋に貼っておくことで温度に対する警戒意識が高まり、できるだけ多くの人が熱中症にかからずにこの夏をのりきることを願っています。