ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

日本メディアアート協会  JMAAは、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

アートで社会を支援する!日本メディアアート協会 JMAA

団体名 日本メディアアート協会  JMAA
代表者名 竹本 明子
住所 〒583-0861
大阪府羽曳野市西浦4−4−9
電話番号 072-958-8675

団体案内

【アートは社会資源・アートで社会支援】 
アートで社会を支援する! 一般社団法人 日本メディアアート協会(JMAA)は、「クリエイターによる社会支援」と「豊かなまちづくり」を推進します。 

【活動紹介】
一般社団法人 日本メディアアート協会は、「アートは、人 を豊かにする社会資源」をスローガンに、国境、文化、言語を超えた「コミュニケーションツール」であるアートを通じ、チャリティアート展、ワークショップ、アート作品の商品化などを通じて、社会問題をより身近な問題として意識出来る環境を創造、またその商品を販売することで「クリエイターによる社会支援」と「豊かなまちづくり」を推進します。

熱中症予防取組紹介

【熱中症対策1】
炎天下や、日陰の少ない野外でのワークショップでは、熱中症対策予防のポスター・啓蒙POPなどを掲示し、水分補給や日陰での休息など、積極的に声がけを行います。

【熱中症対策2】
野外でのワークショップ参加中の皆さんに、クールスカーフ(水に浸して首に巻く給水ウレタン入りのスカーフ)の貸出しを行います。