ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

アレルギーネットワーク京都は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

特定非営利活動法人アレルギーネットワーク京都 ぴいちゃんねっと

団体名 アレルギーネットワーク京都
代表者名 向田 公美子
住所 〒606-0847
京都府京都市左京区下鴨南野々神町2-9くみこアレルギークリニック
電話番号 075-723-2362

団体案内

食物アレルギーの子どもとその保護者のQOLの向上には、正しい知識での支援が不可欠です。しかしながら、京都府域における「食物アレルギーへの正しい理解」は必ずしも進んでいるとはいえません。当法人では2010年度より食物アレルギーを正しく学べる場の提供を行い、正しい医療知識での支援および提言活動を開始しました。
 またこの事業実績から、2012年度から京都市内周辺地域での食物アレルギーへの正しい知識と・支援の普及のため、学びの場の拡充を予定しています。
 更に継続・安定して支援が行える様に、周辺地域で食物アレルギーの支援の拠点となる個人・団体を発掘・育成し、それぞれの地域のニーズに合った支援を行える体制の整備に着手します。 地域の支援が安定することで、災害時にも食物アレルギーの子どもたちに迅速に支援物資が届けることが出来るなど、総合的な支援を行えるネットワークの構築も目指しています。

熱中症予防取組紹介

前述しました、食物アレルギーの学びの場には、多くの方が受講されています。食物アレルギーの子どもの保護者、学校・園関係者、子育て支援関係者などです。
日頃子どもと接する機会の多い方たちなので、この場を通して熱中症予防を呼びかけると予定です。
また、日頃からつながりのある、子育て支援関係のNPOの方たちともレ連携しながら、SNSを利用し広く一般の方にも周知していきたいと考えています。