ひと涼みしよう 熱中症予防声掛けプロジェクト

みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる。

熱中症は、予防できる気象災害です。官民が共同で、熱中症予防を呼びかけていく国民運動、
それが「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」です。

島根県共同募金会は、
熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

社会福祉法人島根県共同募金会

団体名 島根県共同募金会
代表者名 江口 博晴
住所 〒690-0011
島根県松江市東津田町1741-3いきいきプラザ島根
電話番号 0852-32-5977

団体案内

赤い羽根共同募金は、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する民間の運動として昭和22年にスタートしました。そして社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を支援する仕組みとして運動を進めています。

「じぶんの町を良くするしくみ。」
募金の約70%は募金をいただいた地域(市町村内)で、残りの30%は市町村を超えた県内の広域的な課題を解決するための事業に使われています。

○民間の地域福祉を支える活動への助成
高齢者サロンの運営や点訳ボランティアなどボランティア活動の費用から、障がい者作業所の車の整備・社会福祉施設の改修まで、さまざまな民間社会福祉活動を支援しています。

○災害時の支援
募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積立金は、大規模災害が起こった際の災害ボランティア活動支援など被災地を応援するために使われています。

熱中症予防取組紹介

島根県共同募金会では、ホームページへの「熱中症予防声かけプロジェクト」バナー設置や、Twitterでのツイート等により熱中症予防の声かけを実施しています。