四日市消防本部における熱中症対策への取り組み 【Part10】 熱中症予防声かけプロジェクト

動画で学ぼう

  • ワールド声かけ隊presents 外国人に熱中症予防を呼びかけよう
  • 熱中症について動画で学ぼう

熱中症を学ぼう

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • ひと涼みアワード2016授賞式
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • こどもを熱中症からどう守る?
新着情報
2016.07.07

四日市消防本部における熱中症対策への取り組み 【Part10】


【四日市市消防本部ホームページに「熱中症予防!!」の動画をアップ】
7月に入り3日には、全国42の地点で最高気温が35度以上の「猛暑日」となり、多くの方が熱中症で搬送されています。総務省消防庁は、6月27日から7月3日までの1週間に全国で2847人(昨年同時期の5倍以上)が熱中症で搬送され、6人が死亡したとする速報値を発表しました。本市においても、7月に入り、熱中症で救急搬送される方が増加しており、7月6日現在、31名(昨年同時期17名)となっています。このようなことから消防本部においても更なる熱中症予防の啓発を行うとともに、消防本部のホームページに熱中症予防の動画(消防庁作成)をアップし、多くの市民の方に熱中症予防について啓発を行っています。
消防庁の「熱中症予防!!」の動画を見ることができます。(動画はこちら
※四日市市消防本部ホームページ「救急最前線」の「熱中症予防」【動画】でも見ることができます。


記事一覧に戻る