心の絆プロジェクト活動報告

15 気仙沼 7月31日
気仙沼市本吉地区の仮設住宅。
ここは100世帯近くの方が暮らしています。
ナチュライと熱中症予防のチラシに
うちわもセットしてお渡し。
健康セミナーのあと、ハープの演奏。
「ふるさと」を演奏すると口ずさみながらみんな涙ぐんでいました。
本吉地区の海沿いの町は壊滅状態でした。
高台の中学に建設された仮設住宅での実施でしたが、すぐ近くまで津波が押し寄せたようで目の前には瓦礫と化した住宅が散在していました。

こんな風景のなかで毎日生活する人たちはホントに大変です。
暑いから熱中症に気をつけてと声をかけながら<ナチュライ>を配布しましたが、みんなとても喜んでくれました。