心の絆プロジェクト活動報告

07 気仙沼 7月30日
気仙沼市内の仮設住宅。
仮設住宅は暑いので助かるわといって
よろこんで<ナチュライ>を手にしてくれました。
子どもたちには読書ボランティアが絵本の読み聞かせや
手遊び、おえかきなどを実施しました。
午前中に引き続き、この会場でもハープと健康セミナーの組み合わせは大好評。
約50名の参加者は全員「癒された」といって帰っていきました。
熱中症予防のために「飲み物を持ち歩こう」と声かけしながら配った<ナチュライ>は、プレハブの仮設住宅で暮らしている方たちにとってもとても喜ばれました。