いつなるの? 熱中症予防声かけプロジェクト

動画で学ぼう

  • ワールド声かけ隊presents 外国人に熱中症予防を呼びかけよう
  • 熱中症について動画で学ぼう

熱中症を学ぼう

  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • ひと涼みアワード2015授賞式
  • ひと涼みアワード2015授賞式

いつなるの?

暑いとき

真夏日や熱帯夜が多い年は、熱中症で亡くなる人も増えます。一般的には、最高気温が25度を超えると患者が発生し、30度を超えると熱中症で死亡する人の数が増えはじめると言われています。

湿度が高いとき

気温が低くても、湿度が高いと、汗が蒸発しにくくなり、熱中症への危険が高くなります。例えば、気温が25度以下でも、湿度が80%以上ある時は注意が必要です。

日差しが強いとき

晴れた日は、直射日光や地面からの照り返しが熱中症の危険を高めます。大人に比べて地面近くにいる子供やペットは、照り返しにより特に高温にさらされる危険があるので注意が必要です。照り返しはコンクリートやアスファルトでは強く、芝生や土では弱くなります。

風が弱いとき

風が弱い時は、汗をかいても体にまとわりついて蒸発しにくくなり、体温を下げる効果を弱めてしまいます。熱が体にこもりやすくなるので危険です。

「暑さ指数」が高いとき

「暑さ指数」とは、気温と湿度と輻射熱を組み合わせた指標で、専門的にはWBGT(湿球黒球温度)と呼ばれるものです。「暑さ指数」は、気温だけよりも熱中症発生の目安となります。熱中症の予防情報はこの暑さ指数をもとにしたものです。