実行委員からのメッセージ 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!

実行委員よりご挨拶

実行委員長からのご挨拶


三宅 康史

実行委員長
帝京大学医学部救急医学講座教授
帝京大学医学部附属病院高度救命救急センター長

このプロジェクトにかかわって7年、昨年からは実行委員長も拝命し、多方面に向けて“わかりやすい”熱中症予防の声かけ運動を広めていきたいと考えています。診療データを調べてみると、ここ6年、熱中症患者さんの重症者の割合は、少しずつですが改善してきています。温暖化、高齢化が進行しているにも関わらず、です。これも、各方面の皆さんの地道な努力の積み重ねの結果です。それを見つけ出して光をあて、応援していくのがこのプロジェクトの重要な役割です! 
ご高齢の方や、働き盛りの勤労者の皆さん、スポーツにいそしむ若人も、「まさか自分が熱中症になるなんて…!!」ということにならないよう、お互いに声をかけ合って日本の夏を乗り切っていきましょう。2020年夏の東京オリンピック・パラリンピックもあっという間です。観戦に訪れる外国の方々が熱中症にかかることなく日本を楽しんでもらえるような工夫もしていきたいと考えています。

石丸泰

一般社団法人環境情報科学センター(CEIS)調査研究室長

寝苦しい熱帯夜で寝不足、夏の太陽がじりじりと照り付ける交差点での信号待ち、もうクラクラして倒れそう!
人は体温を一定に保つというすばらしい機能を持っています。しかし、寝不足で体温調節が十分に働かず、交差点のような厳しい暑熱環境下では、人の体温は上昇してしまいます。
環境情報科学センターは「環境」と「健康」に関する様々な調査や研究を通じて、科学的な情報を分かりやすく伝え、快適で健康的な環境づくりを支援しています。声かけプロジェクトでも「へぇ~、そうなんだ。気を付けなきゃ!」と感じてもらえる声かけができるよう、微力ながら協力させていただきます。

日下博幸

筑波大学 計算科学研究センター 教授

筑波大学日下研究室では、これまで岐阜県多治見市、埼玉県さいたま市、埼玉県熊谷市、茨城県つくば市などで、気温観測や人が暑さをどう感じるか?などを調査してきました。

最近は、暑さをどうやわらげることができるのか?という問いに答えるために、スーパーコンピュータを用いた数値シミュレーションによって調査しています。また、2050年代、2070年代、2090年代の東京、大阪、名古屋の熱環境がどうなるか?などの予測も行っています。

これらの経験を活かし、気象学・気候学の専門家の立場から、このプロジェクトに貢献できればと思っています。

大聖泰弘

早稲田大学 研究院 特任研究教授

私が子供の頃の夏休み。炎天下、虫を取り、海や川で泳ぎ、そして白球を追った日々。赤黒く日焼けしてひりひりする腕と肩。縁側で夕涼みしながらかぶりつく西瓜。そして窓を開け放ち蚊帳の中でぐっすり眠る夜。そんな大家族で暮らした頃、熱中症はありませんでした。そして今、すべてが便利になり合理化された一方で、自然から隔たった生活や一人暮らしのなかで熱中症が起きています。でももう昔の生活には戻ることはできません。無理なく涼しく過ごせる新たなアイディアをみんなで持ちより、それを拡げていきましょう。

登内道彦

一般財団法人 気象業務支援センター 配信事業部 部長

毎年夏になると、熱中症の発生がマスコミで取り上げられます。全国的に暑い夏となった2010年や2013年だけでなく、毎年、熱中症による多くの搬送者があります。「猛暑日」(最高気温が35度以上の日)や「熱帯夜」(最低気温が25度以上の日)の増加など、ますます日本の夏は過ごしにくくなっていますが、この暑い夏を、安全に、快適に、できれば楽しく乗り越えてゆかなくてはなりません。このプロジェクトをとおして、「暑さに負けない健康な体づくり」、「暑さを避けて快適に過ごす工夫」、「熱中症になりやすい方に声をかけて一緒に夏を乗り越える取り組み」などに参加する方が少しずつ増え、暑い夏が、少しずつ快適で楽しい夏となることを、期待しています。

吉川圭子

環境省 水・大気環境局 大気生活環境室 室長

環境省では、熱中症についての科学的知見や各地の暑さ指数(WBGT)の実況値・予測値の公表等により、暑さ対策に関連する情報を発信しています。近年、熱中症による搬送者数も数多く報告されており、とりわけ高齢者の方々に予防情報をきめ細かくお伝えするような取り組みが重要と考えております。また、2017年の7月からは、環境省熱中症予防情報サイトにて英語による暑さ指数の情報提供を開始し、外国人観光客の方々に向けた情報発信にも取り組んでいます。本プロジェクトに多くの方に御参加いただくことによって、この夏の暑さを乗り切る効果的な熱中症予防の取り組みが全国で広がることを強く期待しています。

渡部厚一

筑波大学体育系准教授

私はスポーツ現場でスポーツドクターという立場で仕事をしておりますが、スポーツ活動中の健康管理で最も重要なものに「熱中症」があげられます。スポーツ活動中には当然ながら、予期できないけがや疾病もありますが、「熱中症」は、その知識を身につけ少し工夫をすれば自分自身で未然に防ぐことができると思います。一方、状況によっては迅速な医療処置が必要であり、命にかかわることを知っていなければなりません。水泳の大会でも「熱中症」があるように、意外なところ、身近なところに「熱中症」は出没します。まずは、ひと涼みしよう!そして、スポーツに"熱中"しましょう!

実行委員は氏名の五十音順とする