節電下での対策 熱中症予防声かけプロジェクト

動画で学ぼう

  • ワールド声かけ隊presents 外国人に熱中症予防を呼びかけよう
  • 熱中症について動画で学ぼう

熱中症を学ぼう

  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • ひと涼みアワード2015授賞式
  • ひと涼みアワード2015授賞式

節電下での熱中症対策

今年は、東日本大震災の影響による電力不足のため、「節電」が求められています。しかし、エアコンの控えすぎなど、過度の「節電」は熱中症の危険が高くなるので注意が必要です。「節電」は、無理をするのではなく、ムダを省くことが大切です。 こまめに水分を補給する、服装を工夫する、体調の悪いときは無理をしないといった通常の熱中症対策に加えて、「住まいを涼しくすること」「効果的にエアコンを使うこと」「暑さに強い体をつくること」で、「節電」の夏を、熱中症にならずに乗り切りましょう。


住まいを涼しく


家の中で最も涼しい部屋を探す




  • 直射日光が入りにくい。特に西日が当たらない。樹木の陰ができる。
  • 風通しが良い
  • 湿気が少ない

部屋が涼しくなる工夫をする


  • 直射日光が入る時間帯は、カーテンなどで、日差しをさえぎりましょう。
  • よしず,すだれなどで、室内への日射を少なくする。室外で日差しを遮ることで、室内への熱の侵入を防ぎます。
  • ゴーヤなど緑のカーテンを育てる。日差しをさえぎる効果に加えて、槌屋植物の水分による冷却効果も期待できます。
  • 夜~朝早くの気温が低い時間帯は、積極的に換気して、部屋を冷やしましょう。
  • 風の通り道を作る。
  • 朝や夕方に打ち水をする。特に、熱を溜めやすいコンクリートやアスファルトでの打ち水は効果的です。
  • ゴザや籐を敷く。ゴザや籐は表面に凹凸があるので、フローリングに比べ体が触れる面積が少ないので熱が逃げやすく、涼しく感じます。



室内温度は28℃

体で感じる暑さと実際の気温は異なることも多いので、温度計を活用して、日頃から室温を意識しましょう。

扇風機や送風機を有効活用

風が体にあたると涼しく感じますし、まんべんなく部屋を冷やすことができます。

必要な時だけつける

タイマーを上手に使い、長期間使わないときはプラグを抜きましょう。

フィルターの掃除はこまめに

目安は、2週間に一度です。フィルターが目詰まりすると冷房の効果が下がり、無駄な電気を使います。

室外機の周りに物を置かない

冷房の効果が下がります。風通しのいいところに設置しましょう。

同じ部屋で過ごす

エアコンが複数台ある場合は、ひとつの部屋に集まって過ごすことで、消費電力の大幅な削減につながります。家族・ご近所・友達同士のコミュニケーションにもつながります。



日頃から汗をかく習慣をつける

  • 本格的に暑くなる前の5月~6月くらいがチャンスです。暑くなってしまったら、気温の低い早朝などに行いましょう。
  • 年齢や体調と相談して、無理ない範囲で運動をしましょう。
  • 目安としては、「やや暑い環境」で「ややきつい」と感じる運動を、1日30分、週3回、4週間程度続けることです。
  • 運動した後すぐに、糖分とタンパク質を含んだ食品を摂ると効果が高くなります。

規則正しい生活とバランスよく栄養をとる

  • 暑い時期はただでさえ体力を消耗します。体調を崩さないためにも、規則正しい生活心がけましょう。
  • 寝苦しい夜は、水枕や涼感素材の寝間着、涼しく寝られる寝具などで、安眠環境を整えましょう。
  • 夏バテして、食欲がなくなったときは、体を冷やす食材や料理を選ぶなど工夫して、栄養不足にならないよう気をつけましょう。


最高気温が35度以上になる「猛暑日」のような、エアコンに頼らざるをえない日がひと夏の間には何度かやってきます。(気象庁:高温注意情報)。
そのようなときは、「トータルで節電をする」意識をもちましょう。
使っていない電化製品のコンセントを抜いたり、シャワーや給湯の温度を少し下げるなど、「節電」の方法はたくさんあります(環境省:家庭の節電対策メニュー)。
特に、お年寄りや体調が悪い方は、「節電」を意識しすぎるあまり、エアコンを使うのためらったり、我慢をしすぎないで下さい。