何をすれば良いの? 熱中症予防声かけプロジェクト

動画で学ぼう

  • ワールド声かけ隊presents 外国人に熱中症予防を呼びかけよう
  • 熱中症について動画で学ぼう

熱中症を学ぼう

  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • 夏を快適に!ひと涼みスタイルブック
  • ひと涼みアワード2015授賞式
  • ひと涼みアワード2015授賞式

涼しい場所へ避難

  • 風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などに避難させましょう。

服を脱がせて、とにかく冷やす

  • 衣服を脱がせて、体から熱が逃げるのを助けます。
  • 露出させた皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぐことで体を冷やします。
  • 氷のうなどがあれば、それを首すじ、 脇の下、 大腿の付け根、股関節あたりに当てることも有効です(これらは、皮膚のすぐ下を太い血管が走っているところで、流れている血液を冷やす効果があります)
  • 可能な限り、早く冷やす必要があります。重症者の命を救うことができるかどうかは、どれだけ早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 救急隊を要請したとしても、救急隊の到着前から冷却を開始することが重要です。深部体温(体の中心部の体温)で40℃を超えると全身痙攣(全身をひきつける)、血液凝固障害(血液が固まらない)などの症状も現れる恐れがあります。


水分・塩分の補給

  • 冷たい飲み物は胃の表面で熱を奪います。 汗を大量にかいた場合には、汗で失われた塩分も適切に補えるスポーツドリンクや経口補水液などが最適です。食塩水(1リットルに1~2gの食塩)も有効です。
  • 受け答えがしっかりしていて、意識がはっきりしているなら、水を飲ませることは可能です。しかし、「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない」(意識障害がある)時には、誤って水分が気道に流れ込む可能性があります。また「吐き気を訴える」ないし「吐く」という症状は、すでに胃腸の動きが鈍っている証拠です。これらの場合には、水を飲ませないで下さい。


医療機関へ運ぶ

  • 意識がないなど、自力で水分の摂取ができないときは、緊急で医療機関に搬送することが最優先の対処方法です。
  • 実際に、熱中症の半数近くがⅢ度ないしⅡ度)で、医療機関での輸液(静脈注射による水分の投与)や厳重な管理(血圧や尿量のモニタリングなど)が必要となっています。



熱中症対処・判断チャート